HSA全国フェスティバル=F1

僕たち理美容業界に

「HSA」という全国組織の技術研究団体ってのがありまして、

その団体は全国25支部、1800件余りの会員がいるけっこう業界ではでかいんです。

モルトンもその団体に所属しているわけで、常日頃から技術講習なんかでお世話になってますのだ。

9月30日はその団体の技術コンクール全国大会!!!

その名も

「第30回 HSA全国フェスティバル」

こんな感じで競技してるんです。

そもそも「技術コンクールってどんなことするんな?」

ってお客様にもよく聞かれるので、ちょっとご説明を・・・

「ウィッグ部門」といってマネキン使って自由にヘアデザインする部門

人間モデル使って、ヘア、メイク、ファッションをトータルで創る「メンズ部門」、「レディース部門」

パーティースタイルを創る「ドレスヘア部門」

あとは、理美容学生なんかが主に出場する、「ワインディング部門」

これってパーマのロッド巻。決められた時間内に、ある一定の本数以上をいかに美しく、正確に巻くかを競う種目

お見せできないのが残念ですが、恐ろしいくらい美しく巻かれてますぞ。

マネキン部門の作品例

 

ウィッグ部作品

ウィッグ部作品

これをカラーとかパーマは事前にやっておいて、会場ではカット&ブローをするんです。

綿密に考えられたカットに合わせたカラーやパーマを施してあり

憎らしいくらい短い競技時間内でスタイルを完成させる。

このスタイルを完成させるには色んな難しいカットやブローテクニックが駆使されているんです。

ほらほらなんかそんな気がしてきたでしょ???

 

ウィッグ部門作品これでもメンズ

ウィッグ部門作品これでもメンズ

ほんでも「こんなスタイルする人おらんやん」とか「こんなカラーする人おらんやん」

って言われそうなんですが、

 

カーレースの最高峰「F1」

まさにそんな感じなんです。

技術の粋を集めて車を創り、公道ではありえんスピードを競う。

そこで培った技術を一般乗用車にフィードバックする。

かたや

コンクールで優勝するための、独創的、かつ斬新で美しいヘアデザインをひねり出すアイデア、ひらめき、センス

そのデザインを具体化するためのテクニック

それをお客様のヘアスタイルを創るために生かすわけですなあ。

だからコンクールって面白いんです。

そんな「HSA全国フェスティバル」に山内君出場してきました。

会場はいつもの東京都中野区「ZEROホール」

中野ZEROホール

中野ZEROホール

 

最初の動画には山内君、映ってません。だってこんな後ろにいるんだもん。

山内君を探せ!! 一番後ろのセンターででっかくて黒いの

山内君を探せ!! 一番後ろのセンターででっかくて黒いの

 

「HSA香川支部」の会員の皆様、

そして、教育部の先生方(過去にコンクールでバリバリの成績を残してる強者の先生方なーのだ)

なんかにも協力、助言をいただきながら

この日のために、山内君ここんとこず~っと営業終了後、毎夜毎夜練習に励んでおったのです。

頑張りましたが全国の壁は厚かったぁぁぁ

実は一昨年は敢闘賞に入賞したんですが、今年は残念賞。

大嫌いな飛行機にものってわざわざ東京まで行ったのに!!

でも頑張ったテクニック、知識等は山内くんの一生の宝物となるはずだ。

この経験を生かして、山内君は今日からお客様のカットもさらに上手くなっているはず。

なってないと困る。なっててね!!

残念賞でへこむ山内君

残念賞でへこむ山内君

山内君作 こんなん出来ました♪

山内君作
こんなん出来ました♪

最後までご清聴ありがとうございました。

(色んな作品見れて楽しかったオーナー)