サラ・ブライトマン(Sarah Brightman)降臨!

天使の歌声とか世界の歌姫とか癒しの歌声とか賛辞の雨あられ!

昨年の紅白ではYOSHIKIとのコラボ曲でYOSHIKUの弾くピアノの上で歌った

大御所

サラ・ブライトマン

コンサート行ってきました。

4月22日 大阪城ホール

HYMNコンサート

2019年4月22日Sarah Brightmanコンサート
大阪城ホール

サラブライトマン来日するたびに行ってる私ですが、

なんと今回初の最前列!

しかもほぼ中央!

かぶりつきで観れるというアメージングな事にこりゃあ気分もアゲアゲですわい。

大阪城ホールに日の出

 

席に座って開演を待ってる間周りを見渡すと

やはりいつもの感じで観客の品がすこぶるよろしいざます。

クラシックやオペラを普段からたしなむか、声楽なり演奏なりを勉強しているか

いかにも上流階級的な母娘、夫婦、女子グループ等

それらしい上品なたたずまいの方々であふれております。

後ろに座ってたこれまたセンスのいい母娘らしい方たち

盛り上がってきたりして歌い終わった時に声掛けるんだけど、

「サルアア~~!」「ビューリィフォー」

これまた発音がネイティブざんす。

 

容姿端麗、語学堪能、セレブな雰囲気。

そんな方々があちらこちらに・・・

とにかくそこに紛れ込んだ田舎のおっさんの私は若干場違い感を味わいながらも

コンサートを楽しんだわけです。

興奮の約2時間半。いやあ~年齢もそこそこになっているはずだけど、

声は全く衰え知らず。

ファントムの高音域もなんの園まり天地真理(昭和のギャグ)

余裕のよっちゃん(以下同文)

声量も凄い!

エエ曲、エエ声、エエ容姿、素晴らしかった。

ほんでもって本日

実はこれだけでは終わらないのだ。

その後がまたスペシャルだったんですわ。

 

終演後係りのお姉さんに拉致されるようにバックステージに案内され

写真スタジオと化した部屋で待機。

本気の撮影ですな。まだ今はリラックス中

待つこと10分~15分

係りのお姉さんとか、なんと着物で参戦してたとてもチャーミングな女性(ほぼ娘と同年代)とか

ほかの数名のファンの方と談笑してると

意外にあっさりと「ふらっと立ち寄ったわよ」適な感じで

サラブライトマン降臨!

ちょっと驚いたけど

彼女が「あなたの名前は?」なんてトニー谷みたいに聞くもんだから(以下同文)

ちょっとあたふたして一瞬自分の名前が出てこねえ。

でも気を取り直して

「声が素晴らしい」の「とても美しくて素敵なコンサートだった」

とか褒め殺しして

「私は床屋なんだけどあなたの髪に興味があるので触っていいか?」

ってダメ元で聞くという暴挙に出てみたら案外「いいわよ」「どーぞ」ってんで

こんな写真撮りました。

Sarah Brightmanサラ・ブライトマンとおっさん

※会話については得意の適当英語なのでだいたいそんな感じのやり取りです(笑)

 

綺麗にカラーとアイロンで巻き巻きセットされてる髪は思ったよりもしっかりしてて

傷みもそれほどなさそうな感じ。

もっとも普段からお手入れは万全なんでしょうね。

 

とにかく、例によって午前中業界の会議やってすぐに大阪行って

コンサート終わってすぐに帰るという強行スケジュールですが

つかの間のリフレッシュできました。

そら美人のコンサートでええ声のええ歌聴いて

美人と一緒に写真撮って

ええ時間を過ごせましたわ。

 

(帰りの車は当然セットリストに合わせたサラ・ブライトマン大音量でふふふ~ん♪のオーナー)

では最新アルバムHYMNからさわりをどーぞ